遺産分割協議書にはんこを押す前に。詳しい人に聞いてみよう!

遺産分割協議書にはんこを押す前に

「兄のB男が書類を送ってきたのだが、なんのことか分からないので見てほしい」

と相談会にいらっしゃったA子さん。

 

その書類は「遺産分割協議書」でした。

 

内容を拝見すると、「父Cの遺産全てを兄B男が相続する」旨を記載してあります。

 

よくよく話を聞くと

A子さんと兄B男は、まったく遺産分割協議をしていないのにもかかわらず

一方的に兄B男が書いて送ってきたようです。

 

もし兄B男に言われるがまま押印していたら、A子さんは何も相続できなくなるところでした。

 

押印してしまった後に、あれこれ言っても手遅れです。

押印するということは、本人がその内容を認めたことになるためです。

 

こういう話を聞くたびに

「はんこを押す、その前に。詳しい人に聞いてみよう」

そう思わずにはいられません。

 

ご相談の中には
「3年前に遺産分割をしたが、納得がいかない。どうにかできないものか?」
といった内容もあります。

押印して遺産分割が終了した後に、あれこれいっても何も変わりません。

「私は相続財産なんていらないわ」と思っている方以外は
押印する前に、よくよく考えて、専門家にも相談することをおすすめします。

当事務所では
相続相談だけでもお受けしております。

不安な場合は、相続の専門家に相談してみましょう。