夫婦共同で遺言書を作ったらどうなる?

夫婦共同で遺言書を作ったらどうなる?

同じ内容であれば、夫婦二人が共同で一つの遺言書を書いてもいいのではないか、と思われがちです。

しかし、共同で遺言書を作っても無効になります。

遺言は、本人の意思を表すものですから、夫婦といえどもお互いの意思を拘束されないように、一人ずつ別々の遺言書を作る必要があります。もし共同で作ってしまうと、どちらかが遺言内容を撤回したいと考えた時も共同で行わなければならなくなります。すると、一人の意思で自由に撤回ができなくなってしまいます。

こうした理由から共同遺言は禁止されているのです。

 

では、自分が先に亡くなった場合に、配偶者が確実に財産を受け取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

こういったときは、夫婦それぞれが、「自分が先に亡くなった場合、自分の財産は残された相手(配偶者)に相続させる」という内容で遺言を書きます。

そして、配偶者が自分より先に亡くなった場合に備えて「自分より先に相手(配偶者)が亡くなった場合は、○○に相続させる」といった内容も予備的に書いておくとよいでしょう。

これを予備的遺言といいます。

予備的遺言については『遺言を書くなら「予備的遺言」について考えよう』の記事でも記しましたが、これを書いておくことで、配偶者が先に亡くなった時に、遺言書を書き直す必要がありません。

ご参考いただけると幸いです。