立て替えた葬儀費用は返してもらえる?

立て替えた葬儀費用

K介さんは、お父様が亡くなった際、喪主を務めました。
参列者から香典をいただきましたが、葬儀社やお寺への支払い、香典返しなどで出費がかさみ、不足分を立て替えています。
これらの費用は、相続財産から返してもらえるのでしょうか。

 

通常、喪主が立て替えた葬儀費用は、遺産分割協議を通じて香典や相続財産から精算します。
葬儀を前もって準備していることはほとんどありませんので、突然多額の支払いが必要になり、喪主が立て替えすることはよくあることです。

そのため、遺産分割協議で相続人全員が相続財産をどう分けるかを決める際に、葬儀費用の負担割合も決めます。
一般的には、まず香典から葬儀費用を精算します。
そして、香典で足りない分については、相続財産から精算して返してもらいます。

葬儀社の領収書などは保管しておき、お布施など領収書が出ないものについてはきちんと記録を取っておきましょう。

ただし、相続税の計算の際は、葬儀費用の中でも控除が認められるもの(埋葬費用やお布施)と認められないもの(香典返しや法要費用)があります。
相続税がかかる場合は、別途確認が必要です。