遺言は時間との勝負?

遺言は時間との勝負?

問合せを受けてから公正証書遺言が完成するまで約1~2カ月。

 

遺言を作るには『①面談→②資料収集→③遺言文案作成→④再面談→⑤公証役場予約→⑥遺言完成』

この過程を踏むのですが、公証役場が混みがちで、予約がとれるまでに数週間かかることもあります。

 

通常であれば、「2カ月くらい」平気なのですが、ご高齢の方が遺言を作る前に万が一のことが起きてしまうと完成できなくなります。

 

そのため、相談を受けた時点でご病気だったりすると時間との勝負です。

 

時間がどうしても厳しい時、緊急性がある場合は「とりあえず自筆証書遺言」を作るようにしていますが、ありがたいことに、すぐにどうこうなるような方から依頼を受けたことはありません。それでも、無事に公正証書が完成するまではこちらも緊張します。

 

そして、遺言を完成させた後

皆さんスッキリしたお顔で、「これで気兼ねなく生活できる!」とおっしゃいます。

遺言が完成するまではがんばらないと!とご本人が一番気にされているのですね。

 

今回も無事終わってほっと一息つきました。

次の記事

遺言の取り消し方