マイナスの相続財産があるときに気を付けること

マイナスの相続財産があるときに気を付けたいこと

相続では、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継ぎます。

では、もし預貯金や不動産の資産より借金の方が多い場合はどうしたらよいでしょうか。

そういった場合は「相続放棄」や「限定承認」という手続きを行えば、借金を引き継がなくて済みます。

そのため、借金がある方はエンディングノートなどに「借金がいくらあるか」を書いておき
いざという時に、家族がすぐに分かるようにしておくとよいでしょう。

「相続放棄」や「限定承認」は、原則として相続を知ってから3ヶ月以内に手続きが必要です。
3ヶ月以内に手続きをしない場合は、プラスの財産もマイナスの財産も全てそのまま相続したことになります。

これは、自分の借金だけではなく、誰かの連帯保証をしている場合もあてはまります。

例えば、会社を経営されている場合、経営者が会社の借金の連帯保証人になっていることがあります。

そのことを知らずに家族が相続してしまうと、思いがけない額の借金を背負うという事態も起こりえます。

まとめ

『借金がある場合は、必ず家族に伝えておこう』