遺言執行

遺言を書くのはいいけれど、遺言通りに相続人たちが手続きしてくれるのか不安に思いませんか?

遺言が実行されるときは遺言者は亡くなっているため、どうなったか見届けることはできません。

そのため、遺言に従って事務手続きしてくれる「遺言執行者」をあらかじめ決めておくことが大切です。

 

遺言執行者とは

「遺言執行者」とは、遺言者がお亡くなりになったあと、遺言に書かれている内容を実行するための事務手続きを行う人のことをいいます。具体的には、銀行預金の払い戻しをして各相続人に振込したり、不動産の名義変更を行ったりする人です。

破産者や未成年者は遺言執行者になれませんが、それ以外は特に制限がありません。そのため、相続人の中の誰かを指定することもあれば、弁護士や行政書士、税理士などの第三者を指定することもあります。

たとえば

相続人以外の人(内縁の夫や妻、世話になった人や施設など)にも遺産を贈る
不動産を売却して、その代金を特定の相続人に分割して相続させる
前夫(前妻)との間に子どもがいて、現在の配偶者との間にも子どもがいる

こういったケースでは、遺言執行を家族や友人に頼むと大きな負担を強いてしまったり、利害関係や感情的な面が邪魔をして手続きに支障をきたしたり、さまざまな問題が発生する可能性があります。

そのため、遺言執行の手続きを熟知している行政書士など、第三者として平等な立場で動く専門家に依頼することが望ましいです。

遺言執行者もお任せください

当事務所の行政書士を遺言執行者としてご指定いただけます。
執行者を第三者へ依頼したいとお考えの方は、事前にご相談ください。

引受け時の費用は不要です。

将来、遺言者がお亡くなりになり遺言を執行するときに、相続財産からのお支払いとなります。